教室参加後の標準的なコース(教室参加希望の方へ)|東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科

東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科
東京大学 東京大学医学部附属病院
Loading
東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科

教室参加希望の方へ

  • 論文リスト
  • 臨床研究
  • 基礎研究

教室参加後の標準的なコース

当科での後期研修は東大病院の専門研修プログラムにそって選択可能です。
一般には医師免許取得後の二年間の初期研修を修了した後、後期研修医あるいは大学院生として 当院あるいは関連病院にて血液・腫瘍内科医としての専門的な臨床研修を受けます。

→東大病院総合研修センターへ
→東京大学血液・腫瘍内科 専門研修医コースの案内

当院の病棟では常勤医および研修医との3人体制で診療に当たります。
懇切丁寧な上級医の指導のもと、実際の患者様を担当しながら、 血液疾患の診断、治療法の選択、治療の実践と合併症の対処などを学んでいきます。
当科では、常時60〜70の入院病床を有しており、 偏りが少なく多彩な症例を経験することが可能になり、 オールラウンドな血液内科医として専門医取得のための十分な症例数を経験できます。
実際の受け持ち症例を対象にした血液像の読み方などのクルズス・抄読会を適宜行い、 高度な臨床能力を身につけます。

当科で特徴的なのは、多くのカンファランスが設けられており、 上級医のチェックと指導を受けながら理論的な治療方針の立て方を 学ぶことが出来るということです。

また病棟研修のうち一定期間は造血幹細胞移植の症例を集中的に学びます。
さらに細胞療法を用いた治療も予定されています。
一方では研修医の指導医としてのトレーニングも行うことができます。

後期研修期間中には上級医の指導のもと、 症例報告、臨床研究について基礎研究の成果を盛り込み各種学会や英文雑誌筆頭著者として発表します。
また研修医の学会発表の指導も行います。このように臨床的な学術活動に取り組む力を養います。
上級医が学術活動についても必ず進捗するよう責任を持って指導に当たります。

病棟での研修を修了した後は、研究室で基礎的あるいは臨床的な研究を行います。
当科は臨床の研究室としては国内でも有数の充実した設備を有しており、 分子生物学・免疫学・ゲノム科学などを駆使して様々なテーマに取り組んでおります。
この期間は基本的に研究に重点を置き、疾患の発症、治療に対して、 オリジナリティーの高い学術活動を推進する力を養います。
研究においても上級医より直接の指導を受け、 研究結果を学会発表するとともに筆頭著者として英文論文に発表し、大学院生は学位の修得を目指します。

しかしここで述べたのは、あくまで標準的なコースであり、本人の希望に従い柔軟に研修内容や時期を設定いたします。

このページの先頭へ

 

教室参加希望申し込み


こちらの申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。
※送信後、下記にて入力いただいたメールアドレスに確認用のメールが自動配信されます。

申し込み内容へのご連絡は、内容にもよりますが1週間程お時間をいただいております。
1週間以上経ってもこちらからご連絡がない場合、お申し込み内容が正常に送信されていない可能性があります。
その際には、お手数ですが再度お問合わせくださいますようお願いいたします。

※印の項目は必須入力項目です
お名前 (全角)フルネームでお願いいたします。
フリガナ (全角カナ)
病院名
所属科
お電話番号
(携帯番号可)
- - (半角)
メールアドレス (半角)
お問合わせへの回答をご連絡するアドレスとなります。
※携帯アドレスを登録する方は、パソコンからのメールを拒否している場合、 [ @umin.ac.jp ] のドメインが受信できるように設定してください。
メールアドレス
(確認用)
確認の為、もう一度メールアドレスをご入力ください。
ご住所 - (半角)郵便番号検索はこちら

(全角)
備考
ご質問やご連絡事項などにご利用ください。
送信キー
  

このページの先頭へ