造血幹細胞移植の成績(造血幹細胞移植の実績・成績)|東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科

東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科
東京大学 東京大学医学部附属病院
Loading
東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科

造血幹細胞移植の成績

白血病の移植成績 (同種移植, 自家移植とも含む)

当科で行った急性骨髄性白血病(AML)、急性リンパ芽球性白血病(ALL)、 慢性骨髄性白血病(CML)の患者に対する全生存率を示します(2008年末までに移植を施行した患者を対象にします)。
ここで、
  low risk:急性白血病のCR1, CMLのCP1
  intermediate risk:急性白血病のCR2,   CMLのCP2,AP
  poor risk:上記以外
を示すものとします。

AML ALL

CML

そのほかの疾患の全生存率

骨髄異形成症候群(MDS)と再生不良性貧血(AA)の全生存率を示します。

MDS AA

このページの先頭へ